不動産売却にかかる費用の積極的な節約

必要書類さえ揃えば簡単

それに加えて印紙税、住宅ローンの抵当権抹消登記、登記を依頼するための司法書士報酬、住宅ローンの返済とその繰り上げ手数料といった費用が主なものでしょう。
節約できるのはどこかというのをよく調べてみたところ、努力次第で解決できる部分があるとわかって積極的に取り組むことにしました。
まず、仲介手数料については無料で行ってくれる業者があるとわかって一般的な業者との取引はしないことにしました。
多少、買主を見つけるのに苦労があるかもしれないとは思いましたが、転職先が決まってから当面は賃貸生活でも構わないので高く売って利益を大きくすることをまずは最優先しようと考えたのです。
地元では仲介手数料無料という売り文句がある業者は二つしかなかったので、それぞれに相談に行ったところ、どちらも親切な対応をしてくれたので一般媒介契約で両方に仲介を依頼することにしました。
専属専任媒介契約をして欲しいと言われるかと思ったのですがそのようなこともなく、どちらもスムーズに契約をすることができたのは意外でした。
考えてみれば売主から仲介手数料を取らないため、専属専任媒介契約にするメリットはあまりなくて買主を見つけられるかどうかの方が重要なのだということは後になってから気づいたことです。
一方、抵当権抹消登記については行わなければならないですが、司法書士に任せなければ数万円は節約できるだろうと考えて自分で登記することにしました。
書類さえ整えてしまえば簡単なものであり、情報も広く流通しているのでそれほど苦労することもありませんでした。

転職を契機に不動産売却を決意必要書類さえ揃えば簡単住宅ローンは買い替えローンで